愛妻家が主役の作品

未分類

刑事コロンボ

決まりネタとして、毎度風采の上がらないコロンボ警部補が「うちのカミさんがね…」と妻ののろけ話で犯人(容疑者)の油断を誘うシーンが登場する。

犯人が「早く帰ってくれ」と思うほどにコロンボが饒舌となるため、やっと話を切り上げて帰り支度を始めると犯人が安堵して気が緩んでしまい、その帰りしなに突然質問され決定的言質を取られる。しかし劇中コロンボの妻が登場したシーンはない。

奥さまは魔女

広告代理店に勤める普通のサラリーマンで妻を熱烈に愛してる夫と、人間の夫を愛してるが魔女であるために知人、親戚一同世間知らずで無茶なために気が休まらない妻という珍妙な夫婦の物語。

妻関係者には頻繁に散々な目に遭わされている夫のダーリンだが、愛する妻のためにその無茶も受け流す懐の深さを発揮する。

愛妻家 ウィキペディアより引用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。